鮮やかな紺色が目を引く手描きのれん

シドニーにあるmade in japanを扱うセレクトショップgingko leafの

岐阜フェアで展示されます。

制作を手掛けたのは、画家・ぬいぐるみアーティストのnobigurumiさん

 

『朝霧の湧きだつ白山と阿弥陀ヶ滝』をモチーフに

ひと筆ひと筆丁寧に描いていきます。

経験したことのない、麻布へのペイントと複雑なグラデーションに

「苦悩とスキルアップの連続」と語るnobigurumiさん

制作期間は3日間。

ほとんど徹夜での作業・・・

時間の許す限り、少しでも良いものにしようと

目の前の作品と向き合います・・・

失敗とやり直しを繰り返し

3枚目でようやく完成!

「1枚目、2枚目があったからこそ、3枚目が描けました。

それらは失敗ではなく成長へのステップです」

全身全霊をかけて挑んだ3日間。

作品に魂が宿るってこういうことなんだな~と感激しました。